勲ちゃんの仕事日記   2003.4
− 教育情報化コーディネータ(ITCE)奮戦記 −
 
教育情報化の仕事を具体的に記すことによって、先生方の役に立つことを願い、このページを公開しています。
「勲ちゃんの仕事日記」は、教育情報化に関する内容に限定して書いています。

(注) 私は現在「TT指導担当」教員という立場で勤務しています。当然ながらITCE関連の仕事だけをしているわけではありません。
■ 4月30日(水)
  あきらめかけていたWin95から98へのアップグレードに成功。
  夕方、待望の新車ファンカーゴが納車される。 (^o^)
  やっぱり、マフラーの破けていない車は静かでいいなあ。(当たり前!)
  MD&CDのオーディオもなかなかの音。早速、後部座席をとっぱらって、2シータにする。
  ふつうの布団がしけるスペースができた。

■ 4月29日(火)
  部屋の片づけと、パソコンファイルの整理。4台のPCを使っていると、たまに行方不明になるファイルがある。
  こまめに整理しないと…。

■ 4月28日(月)
  PC9821 5台目一応完成。Win95から98へのアップグレードができないのは、何でだろう???。
  職員会議。長すぎる。(^_^;)
  情報教育主任と二人で、校内メールサーバーの設定をメインサーバ機(wiidowsNT)に移す。
  BlackJaunboDogというフリーソフトをダウンロードして設定。案外簡単にできた。

■ 4月27日(日)
  ホームページを更新。「仕事日記」アップ。

■ 4月26日(土)
  午後から、読書をして過ごす。

■ 4月25日(金)
  情報ルームで社会科授業開始。PC9821 4台目完成。 夜、矢島小学校職員「hiraの会」。またまた飲み過ぎ。

■ 4月24日(木)
  PC9821 3台目完成。 HDが壊れているパソコンがあるらしく、3台分解して部品を取り回し。
  午後、郡市教育研究会総会。夜、社会科歓送迎会に出席。

■ 4月23日(水)
  4年生の助けを借り、情報ルームに机やいすを運び入れる。PC9821にWin98を上書きインストール2台成功。
  IE6.0をダウンロード。

■ 4月22日(火)
  PTA参観日。PC9821のWin95再インストール2台成功。

■ 4月21日(月)
  4年生社会科授業を情報ルームで行うことを交渉。快諾を得る。 
  パソコンと大型提示装置という2005年の教室像が実現できることに。
  早速、情報ルームの古ーいパソコン(PC9821)設定に取りかかるも、WinBardセキュリティシステムが障害に。
  解除パスワードが誰も分からず苦労。

■ 4月20日(日)
  新車購入決定。長年ホンダ一辺倒だったが、今回初めてトヨタの車に。
  愛車シビック・シャトルは8年と9ヶ月乗ったことになる。ご苦労様でした。
  夕方、矢島町スポーツ少年団野球部の歓迎会&懇親会に出席。鳥海山麓線おばこ号で往復。

■ 4月19日(土)
  野口芳宏講座に参加。硬派の教育論はますます健在。やっぱり野口先生はすばらしい。 
  終了後、野口夫妻、鷹巣おおだいこのメンバーと懇親会。飲み過ぎ。

■ 4月18日(金)
  4年社会で町内探検。交通事故を防ぐための工夫をさがす。
  6年2組の酒井式授業が好評だったようで、1組にも特別出張授業。またまた個性あふれる作品が生まれた。

■ 4月17日(木)
  ついに本校も光ファイバー利用が可能に。早速設定。速い、速い、速い。

■ 4月16日(水)
  4年部に依頼され、パソコンルームで初めての授業。一太郎を使い、自分の名前を入力して保存するというもの。
  子供用パソコンなのに、一太郎やオフィスなど、大人用のソフトを使っていることに疑問。
  イントラバケッツやジャスト・スマイルなど、子供用の総合ソフトを導入する必要性を感じる。

■ 4月15日(火)
  6年2組の図工で、酒井式の描画エチュード「太郎くん」と「三郎くん」を指導する。
  子どもたちはとっても楽しみながら取り組んでくれ、個性あふれる作品ができた。

■ 4月14日(月)
  名簿管理システム入力ほぼ完了。ソフトの一部不具合もだいたい分かった。
  あとは、先生方のノートパソコンにクライアント用の名簿管理システムをインストールすればよい。

■ 4月11日(金)
  秋田さきがけ新聞に矢島町の光ファイバー・インターネット網「YBネット」の記事が載る。
  これは、総務省の「地域情報交流基盤整備モデル事業」によるもので、全国初である。
  先月3月25日に完成したばかりだ。
  現在の加入数は全世帯の1割の302戸。本校も間もなく利用できるようになる。とーっても楽しみ。

■ 4月10日(木)
  名簿管理システム入力。
  一人一人入力するのは面倒なので、既存のエクセルデータを生かせないかと、いろいろ試行錯誤を繰り返す。
  生徒IDと性別を入力しないとエクセルデータをいくら貼り付けても登録されないことが分かった。

■ 4月9日(水)
  茂野正信氏開発のソフト「名簿管理システム」を譲り受ける。
  一度データを入力してしまえば、各種名簿、台帳など十数種のフォーマットで出力できるという優れものだ。
  基本的にはエクセルのマクロで動かしている。昨年度までの矢島小データを使い、入力開始。
  夕方、町主催の転入教職員歓迎会。

■ 4月8日(火)
  1年ぶりの授業。4年2組。有名な向山実践「漢字いくつさがせる?」を実施。
  毎年、授業開きはこれである。反応のよい子どもたちで安心。

■ 4月7日(月)
  身体測定開始。視力検査を担当。1年生の下校指導で町内を歩く。
  総合教育センターの1年間は、ほとんど運動してなかったので体力の衰えを感じる。
  今年度、自分の担当する授業がほぼ決まる。
  3・4・5・6年の総合的な学習のTT。3年理科のTT、6年合同体育のTT。
  ほかに4年1組と2組の社会科専科、6年2組の図工専科に。週25時間だ。

■ 4月4日(金)
  新任式・始業式。挨拶がみんな短くてよい。矢島小は今年度から、前期と後期の2学期制をとる。
  子どもにとっても、教師にとっても、よいことだと思う。
  午後、入学式。男の子が元気だった。

■ 4月3日(木)
  ハイチオールCの効き目にも限度がある。具合悪し。
  新年度準備。新6年生とともに、新1年生の教室づくりと入学式会場づくり。
  素直でよく働く子どもたちだった。

■ 4月2日(水)
  新年度準備。午後、町内挨拶回り。夕方、教育長の話を聞く。
  矢島小学校歓迎会。矢島は清酒の町としても有名で、乾杯はビールでなく日本酒。
  楽しい雰囲気に、ついつい飲み過ぎ。 

■ 4月1日(火)
  矢島小学校赴任。矢島町は歴史ある城下町で教育熱心な町として知られる。
  学校までは、自宅アパートから約30分の通勤距離だ。
  新年度最初の職員会議。「総合的な学習の時間」中心のTT指導を担当することになる。
  情報化コーディネータとして実践できるのがすごく嬉しい。
  矢島町は日本発、町全域に光ファイバー網を引いたばかりの情報教育先進町。
  職員には一人一台のノートパソコンが与えられている。もちろん職員室LANも完備。
 日記ホームへ トップ頁に戻る