勲ちゃんの仕事日記   2003.8
− 教育情報化コーディネータ(ITCE)奮戦記 −

教育情報化の仕事を具体的に記すことによって、先生方の役に立つことを願い、このページを公開しています。
「勲ちゃんの仕事日記」は、教育情報化に関する内容に限定して書いています。

(注) 私は現在「TT指導担当」教員という立場で勤務しています。当然ながらITCE関連の仕事だけをしているわけではありません。
■ 8月31日(日)
  船井幸雄「激変時代の知恵袋」(徳間書店)、青山圭秀「祈りの言葉」(幻冬社)を読む。

■ 8月30日(土)
  大前研一「ドットコム仕事術」(小学館)を読む。

■ 8月29日(金)
  4年生パワーポイント指導の続き。さすがに子どもたちは、飲み込みが早い。
  応用力は大人よりも優れていると感じる。
  子吉川の学習のまとめで、エクセルで作成したグラフを貼り付ける。
  放課後、7年部の慰労会。すごく楽しい雰囲気。いい学校だ。

■ 8月28日(木)
  3年生の社会科発表会の指導を頼まれる。
  発表そのものは元気があって、言っていることもわかりやすいのだが、表現のしかたがもう一工夫必要だ。
  どの学年にも言えることだが、模造紙に書いたものをそのまま読んでいては聞き手をひきつけることができない。
  パワーポイントでのプレゼンテーションのように、一項目に一枚の資料提示にする必要性を痛感。
  とりあえずは、4つ切り画用紙をパワーポイントのスライドに見立てて、指導することを提案していこうと思う。
  6校時、4年生にもパワーポイントを指導。
  教務パソコンのウイルス( redlof A )駆除。手順は次の通り。
  まず、ワクチンソフトを実行。
  その後、正常なパソコンのc:\windows\web\Folder.htt ファイルをコピーして上書き。
  最後にデスクトップ上にある4つの隠しファイルを削除して再起動。

■ 8月27日(水)
  5年生の総合的な学習の時間で、「パワーポイントを使った自己紹介」を指導。2クラス一斉、2時間。
  みんなに同じように指導しているのに、できあがる画面の構成はそれぞれ違う。
  当たり前のことなのだろうが、デザインの力というのは、本人のセンスなのだなあと思った。
  昼休み、ダイナブックが一日早く届く。うれぴー、うれぴー。
  思ったよりもさらに、液晶がクリアで嬉しい驚き。これで税込み18万5千円とは、安くなったものだ。
  放課後、新しいスキャナを教師用パソコンにインストール。非常に高性能でびっくり。
  自分も新しいスキャナが欲しくなっちゃった。

■ 8月26日(火)
  夏休みは昨日まで。今日から、授業スタート。
  本来なら、2学期の始業式の日。前期後期の2期制はいいのだが、どうも今までの感覚から抜けきれないところがある。
  特に、呼び方というか、用語がそうだ。「今日から2学期です」とは言えないので、「前期の後期が始まります」
  なんて言ったりするが、よーく考えると、何か変な日本語だなあ…。

■ 8月25日(月)
  経営反省会。教具整理。
  新しいパソコンの入金も終了。28日木曜には届くとのこと。
  それにしても、ネットで注文した翌日に秋モデルが発表されるとは…。

■ 8月24日(日)
  久しぶりに長時間寝た。買い物をして、ゆっくり過ごす。
  
■ 8月23日(土)
  前夜においてきた愛車を取りに、自転車で南内越体育館へ。
  ファンカーゴは、後部座席の一部を倒すだけで、自転車がそのまま積み込めるので便利だ。
  今日こそはお酒を休もうと思ったが、夕方友人からお誘いの電話が…。
  新しくできた焼き肉のお店へ。韓国旅行の下見になったかな?

■ 8月22日(金)
  日直。豊氏からアドバイスを受けた、ノートパソコン東芝ダイナブックをネットで注文。
  DVDマルチドライブ付きのハイエンド・ノートだ。液晶も15インチで明るくクリアな画面が特徴。
  これで、仕事がばりばりはかどる! (?)  愛用してきたシンクパッド240は他家にお嫁入りすることに。
  午後、矢島町小中合同研修会。分科会の司会を担当。
  夕方、教職員組合青年部のバレービール大会。このイベントは20年くらい前に、先輩と一緒に企画したもの。
  現在は全県に広がっているそうな。
  バレーボールをしてからビールを飲む会だということで、バレービールという名称になった。何を隠そう、命名者はこの私である。
  矢島小は8名の参加。勝ちを意識したあたりから、ずるずるとミスを連発し、惜しくも優勝は逃す。
  ビールの部は、食べきれないほどのご馳走と飲み物で盛り上がる。2次会にも参加して午前様。

■ 8月21日(木)
  午前中は、郡市水泳大会に出場する選手たちの指導のお手伝い。
  午後、校内パソコン研修の講師を務める。パワーポイントを使った教材作りを初めて実施。
  佐々木豊氏考案の教材は、パソコン初心者でも簡単に作成できる優れもの。先生方に大好評だった。
  夜。秋田市にて、4巨頭会談。今後の身の振り方(?)などを協議。2次会はカラオケで盛り上がる。

■ 8月20日(水)
  友人にあげたノートパソコンが故障。点検している最中に異臭が…。
  コーヒーをこぼしたとのこと。電気系がショートしていたもよう。残念ながらおなくなりに…。
  矢島町小中合同研修会のレポート作成。

■ 8月19日(火)
  時差ボケなのか、3時に目覚める。午後、出勤。
  4年生の子吉川水質調査に立ち会う。
  友人と居酒屋。久々の日本食はやはりよい。

■ 8月18日(月)
  大韓航空の昼食はお魚。あまり食欲がない。
  午後3時成田着。京成スカイライナーで上野。秋田新幹線こまちで秋田へ。午後11時自宅着。
  体重が出発前より、2キロ減っていた。

■ 8月17日(日)
  目覚ましを4時半にセットしたが、4時に目覚める。歩いて空港へ。7:25 メキシコシティ発。機内食はオムレツにハム。
  例によってデルタ航空はアルコール有料なのでオレンジジュース。09:09 ロサンジェルス着
  11:55 ロス発。大韓航空はいいなあ。ワイン3杯。ビビンバ。うまい、うまい。

■ 8月16日(土)
  ゆっくり起きて、メトロ(地下鉄)で国立人類学博物館。ここは見所が多かった。
  このあたりは、静かでのどかで、人が比較的少ないのがいい。とても落ち着いた。
  マヤ文明はすごいの一言に尽きる! エジプトよりも高度だったのではないかと、遺跡の品々を見て思った。
  ホテルに戻り、空港前のホテルに移動。明日の飛行機の出発が早いのでここにした。
  NHKが映るはずが、だめ。あれれ? 夕食はチキングリルにワインとビール。

■ 8月15日(金)
  地下鉄を乗り継いで、北バスターミナルへ。メキシコの地下鉄はどこまで乗っても2ペソ(24円)。
  乗り換えがやたらに不便だが、超安いので我慢しよう。
  巨大バスターミナルのため、どれがテオティワカン行きのチケット売り場か、さっぱりわからず。
  窓口聞きまくり作戦のすえ、何とかチケットをゲット。
  メキシコ最大の遺跡がここ。当時のヨーロッパ最大の都市コンスタンチノーブルの人工が2万人だったのに対し、
  テオティワカンは20万人はいたというのだから凄い。
  当然遺跡はだだっ広く、歩くのにかなりの時間と体力を要した。
  太陽のピラミッドの頂上からの眺めは最高だった。残念なのは、月のピラミッドが登頂禁止になっていたこと。

  遅い昼食は、ソナロッサ地区(繁華街)の日本食レストラン「東京」。
  俺もついに海外旅行中に日本食レストランに行くようになってしまったか……。
  本日の定食4種類のうち、トンカツを頼む。味はそれほどでもなかったが、久々の日本食に感激。特にみそ汁がよかった。
  夕食を食べる気はなかったが、小腹がすいたので、カップラーメンを食べた。
  調子が出てきたので、ホテルのバーにて、ソーセージとサラミをつまみにビールとテキーラ。

■ 8月14日(木)
  ホテルで朝食。朝食付きだと思って食べたら、別料金だった。だったら食べないのに…。とほほ。
  タクシーで空港。11:25メリダ発。13:15メキシコシティ着。
  地下鉄で、ソカロ地区へ。ホテルの場所がわからず、うろうろしまくり。
  2時間以上も迷って、土地の人に場所を聞きまくり、やっと目的のホテルCATEDRAL到着。1泊34ドルと安いが設備はよい。
  何より、インターネットで日本語の読み書きができるのはありがたかった。
  夕食はホテルのレストランで、日本でもおなじみのコロナビール2本とスパゲッティ。洋食だが、食べ慣れた味に安心。

■ 8月13日(水)
  80ドルもする高級ホテル(?)に移る。すんごく快適。
  暑い中、マヤ文明のもう一つの重要遺跡ウシュマルに行こうとバス停までいったが、出発は1時間半後と聞いて、行く気を失う。
  実は、チチェン・イツアーのあと筋肉痛で歩くのも辛くなっていたのである。
  ホテルに戻り、ロスの大韓航空のリコンファームをフロントに依頼したがつながらない。
  結局番号がフリーダイヤルだったのが原因のようだ。
  そういえば、国際電話ではフリーダイヤルにはつながらないと聞いたことがあるような…??
  結局、インターネットでロスの事務所の番号を調べ、直接かけて事なきを得た。
  その後、ビールを飲んで遅い昼寝。夕食はカフェバーで、タコス(安くて美味しい!)とビール。
  部屋に帰って飲んだバカルディ(ラム酒)3.4ドルはおいしかったが、飲み過ぎ。

■ 8月12日(火)
  バスで3時間かけ、チチェン・イツアーへ。マヤ文明最大の遺跡がここ。広大なエリアに、ピラミッドなど無数の遺跡が点在する。
  暑い中歩き回って、体力のほとんどを使い尽くした感じ。
  そろそろレストランの食事にも飽きたので、食料を買い込んで部屋で食事をすることに。
  まず、ビールを求めて1時間も歩き回り、諦めようとした時にやっと見つけて購入。
  メキシコの日清カップヌードルと屋台のホットドッグで乾杯!!

■ 8月11日(月)
  6時頃にメキシコシティ着。空港でメリダ行きの航空券を購入。往復330ドル。
  9時搭乗11時着。メリダの空港でホテルをとってもらいタクシー11ドルで市内へ。
  急に熱帯に来て、体がおかしくなるような気がした。ホテルARAGON。
  1泊25ドルの宿はあまりきれいではなかったが、部屋が広くエアコン付きで快適。
  シャワーを浴び、ゆっくり休憩。近くのレストランでチキンとビール。

■ 8月10日(日)
  8時にホテルを出て、9時半飛行機。11時リマに戻る。イン力ワシ(旅行会社)までタクシー。
  パソコンを起動してみたところ、無事正常起動。結局3000m以上の高地でのみ異常が発生したことに。
  パソコンにも高山病があったとは知らなかった。

  荷物を預かってもらい、リマ市内の観光。高度が低いため、呼吸が楽でかなり歩いた。
  結局乗り合いのミニバスに乗ってセントロへ。帰りもかなり歩いてからタクシー。もう足がぼろぼろ。
  5時頃インカワシに戻ったが、出発までまだ4時間もある。
  近所をうろうろ歩いたあと、中華レストランでチャーハン。醤油味に涙がでそうだった。
  その後レストランで、ビール、ジントニック、ウオッカを3時間かけて飲んだ。24時。ペルーにさよなら。

■ 8月9日(土)
  なんと、8時半まで寝てしまった。チェックアウトは9時。あわてて仕度をする。
  あいにく外は雨。天気がよければ、朝のマチュピィチュそしてワイナピチュを満喫といきたいところだったが、それもかなわない。
  9時から、出発の午後3時までどこでどうやって過ごすかが問題だ。
  仕方ないので、まず朝食をゆっくりゆっくりと1時間かけてとった。  あとは1時まで本を読んだり、パソコンで四川省をしたり…。
  次に、バイキング形式のランチに1時間半。フルーツを食べたり、お茶を3杯飲んだり。
  列車は4時20分定刻に出たが、着いたのはなんと10時半。(怒)
  イライラしていたため、降りぎわに2メートル近い大男とこづき合いのケンカになってしまった。(反省)
  結局クスコの街は2晩とも寝に帰っただけとなった。パソコンまたも故障。高山病なのか?

■ 8月8日(金)
  06:15 発の列車でマチュピチュへ。ペルー旅行のハイライトだ。
  サンクチュアリ・ロッジへは12時近くに到着。1泊6万円もする高級ホテルなので、設備はよい。
  何より夕方の人気の少ないマチュピチュを味わえるというのが最高だ。
  高い金を出した甲斐があるというものである。友人のアドバイスを聞いて大正解だった。

  さて、うれしいことに、パソコンが復活した。パソコンも高山病だったのだろうか?
  早速、写真データなどをSDカードに移した。万が一、もう一度起動しなくなっても、データを失うことだけは避けられた。
  タ食はビールにロモ・サルタード(牛肉ステーキと野菜炊め)。
  「デザートをどうぞ」みたいなことを言われたが、いらないと答えてしまった。
  (しまった!! デザートもホテル代に込みだったんだ!)

■ 8月7日(木)
  よく寝た。旅の疲れがピークのようだ。朝食も飲み物だけにして、部屋でお休み。
  14:15ホテル発 15:00バス発車の予定が1時間遅れ。クスコ到着は2時間半遅れ。
  おかげで、夕食にありつけず。ビールを飲んで、ウイスキーをかっ込んで寝る。

■ 8月6日(水)
  早朝、ホテルを出て、湖畔へ。船でウロス島に向かう。約40分。トトラ(葦)で作った浮島は見事。
  家も畑も、船でさえもこれで作ってしまうというから驚きだ。女性の漕ぐトトラの船にも乗せてもらった。
  島民が観光客相手の見せ物のようで悲しい。
  その後2時間半かけてタキーレ島へ。長い坂を登らねばならず、へとへと。
  高地なので、すぐ息が切れるのだ。もう、心臓ばくばく。
  ようやく着いた広場では、島民が踊りをやっていた。(単調な動きで、すぐあきちゃった…)
  それにしても、ここらへんの女性はみな背が低くて頑丈で、だるまのような体型だった。
  ランチは魚のフライ。米とフライドポテトは残してしまった。食欲ナイ。
  パソコンが壊れたので、インターネットカフェに行ったが、日本語表示はだめ。
  日本語のダウンロードも受け付けないように設定しているらしい。
  夕食は、ホテルのレストランでチキンとビール。(こればっかし)

■ 8月5日(火)
  08:15 HOTEL CRISMAR発 プーノへトランスファーのタクシーで日本人(在日韓国人)と一緒になる。
  ソンさんはアメリカの和食レストランで10ヶ月働いていたそう。道中の景色はいいが、高山(3855m)のせいで息が苦しい。
  彼女にコカの葉をもらって、少し和らいだかな? 14:30 プーノ着
  部屋でパソコンを起動しようとしたが、ガリガリと異音がする。八一ドディスクがいかれた模様。ショック!
  19:00 レストラン。ビールを飲んでトルチャ(マス)を食べたが、量が多すぎた。
  夜は早めに寝たが、息苦しくて目覚める。しばらく起きていたらようやくおさまった。

■ 8月4日(月)
  朝7時半アレキパへ到着。ホテルに入る。部屋から海外ローミングを試みたが、うまくつながらない。インドのようだ。
  シャワーを浴びてゆっくりして寝る。午後3時頃から散歩。サンタカタリナ修道院を見学。
  夜はレストラン。ペルー音楽(フォルクローレ)の生演奏あり。シーフードと鶏肉のチャーハン。ビールがおいしい。
  寝るまえにやっとネットがつながった。結局設定に間違いはなく、回線の問題と判明。
  これもまた、インドのようだ。メールをして、インターネットでニュースを見る。
  電話料はしめて S/ 12 (約430円)。市内通話だけなのに、高い

■ 8月3日(日)
  10時に迎えがくるはずが、10時半近く。どうやらペルー時間というのが存在するようだ。
  空港でかなり待たされて、ようやくナスカ地上絵のフライトへ。
  4人乗り小型飛行機はかなり、おっかなかった。地上絵をよく見せてくれるために、右へ左へ旋回して機体を傾けてくれる。
  サービス上々なのだが、こっちは怖くて怖くて、気が気でなかった。しかし、さすがに実物は迫力があった。
  2時前にもどり、夜行バス出発まで部屋で過ごす。午後8時半ホテルを出て10時半過ぎデラックス夜行バスに乗る。
  一番前の足下の広い席。まるで移動サロンのよう。バーボンを飲みながら、PDAで音楽を聴く。リッチな気分。

■ 8月2日(土)
  飲み過ぎで辛い。ホテルに昨日の旅行会社が来て、近くのオフィスに行く。
  マチュピチュのホテルほか、旅行の手配をしてもらうことに。
  全部ひっくるめて1850ドルは安くないが、安全を考えるとこれでよかったかな?
  午後2時。バスでナスカへ。バスステーションに迎えの車がなかなかこないのであせったが、9時近くにホテル到着。
  アンティクーチョ(牛の心臓の串焼き)を食す。ビール2種類を飲む。まずまず。

■ 8月1日(金)
  午後2時半まで部屋でのーんびり。NHKが映るのは有難かった。空港にインターネット店はあったが、日本語はだめと言われた。
  アエロメヒコ航空の機内食はパスタ。白ワインとテキーラを1杯ずつ。
  リマに到着。入国審査にやたらに時間がかかるのは、インドのようだ。
  空港の予約センターでホテルをとってもらい、タクシーで到着。
  ホテルは60ドルと高めだが、満足のいく設備。ピスコサワーのサービスもグッド。持参したカップラーメンをつまみにバーボン。

日記ホームへ  トップ頁に戻る