連載第1回  パソコンで社会科授業が大きく変わる

◇ 今号から、連載のテーマを「情報教育と社会科」とした。
  本誌が「法則化社会研究会」なので、基本的には、社会科との関わりで筆を進めていくことになる。
  しかし私は、元来気まぐれで大ざっぱな性格であるからして、それ以外の分野の情報を書くかも知れぬ。
  あるときは総合的な学習の時間の「情報 学習」授業について書いたり、またあるときは、インドの教育事情やモバイル体験を書いたりするかも知れない。
  だが、いずれにせよ、「情報・コンピュータ」というカテゴリーからは、はずれることはないのでご安心を。

1.授業が変わる
 私がパソコンを授業で初めて使ったのは、期せずして社会科であった。今から3年前、4年生「ゴミ」の学習をしていたときのことである。
 「ゴミを減らすにはどんな方法が効果があるか」というテーマで調べ学習をさせることにしたのだが、大きな問題が起きた。
 教科書には、そんなことは書かれていない。図書館の資料もあまり数がない。調べたくても、調べようがないのだ。
 そうこうしているうちに、「昨年のゴミの量はどれくらいか?」「昨年のアルミ缶のリサイクル率は?」などを調べたいと言い出すグループが出てきたのである。
 はて困った。どうしよう? 
 そうだ! インターネットを使う手があるではないか!
 実際に授業で使ってみて、驚いた。情報の収集およびに活用において、これほど便利な物は他にない。
 その後パソコン先進校に転勤した私は、デジタル百科事典やデジタルカメラなども授業で使うようになる。
 そして、次のように実感した。

   パソコンで授業が変わる。 

 私はそれまで、どちらかといえば、パソコンを授業で使うことに懐疑的であった。
 私がそれまでに見たり聞いたりした授業は、はっきり言って「なんで、これをパソコンでやる必要があるの?」というものばかりだったからである。
  (残念ながら今でも、そういう授業が多い…)
 したがって、現段階では次に限定した方が賢明だ。

    「調べ学習」と「まとめ」の道具  

 「パソコンが得意な事」のみに、パソコンを使おうと考えると、当然こうなってくる。
 面白いことに、調べ学習とまとめのための道具としてパソコンを授業で使っていくと、結果として、授業のやり方、進め方まで変わってくる。
 いや、変わらざるを得なくなる。
 結果、次のようになる。

  ・一斉授業でなく、個やグループに応じた授業となる。
  ・「調べ学習」が中心の授業となる。           
  ・ 知識を受ける授業から、自ら学ぶ授業へと変わる。
 
 これは画期的な変化である。
 教育界では、「一斉授業からの脱却」とか「自ら学ぶ授業へ」などとというスローガンが、遙か以前から謳われてきた。
 にも関わらず、授業や実践の内容は一向に変化しなかった。
 だが、今は事情が違う。パソコンの導入が、授業の大変革をもたらすことは間違いない。私はそう確信している。
(逆に言えば、「今まで通りの授業をするなら、パソコンはいらない」のだ)
 今現在、強く感じているのは、次の点である。

  中でも、とりわけ社会科の授業は、パソコンを利用することで大きく 変わるだろう。

  私は、今年度6年生を担任して(10年ぶり2度目)歴史授業を行っているが、もう「パソコンなしには授業ができないな」と痛感するくらい、パソコンの重要度は増している。

2.子どもが変わる

 3年前に担任していた私の学級の実情を告白すれば、それまでは教科書や資料集が中心であり、乏しい図書館の資料をなんとか探し出すような調べ学習をしていた。
 ところが、インターネットやデジタル百科事典を使うようになって、最新の情報を得ることができるようになり、子どもの意欲は倍増した。
 また、電話で関係機関に直接問い合わせる子も出てくるなど、

  調べ学習についての活動は、より深く、意欲的になった。  

 学習のまとめに関しても同様である。
 現任校では、数年前から情報活用能力の育成に取り組んでおり、パソコンを使ったまとめも数多く実践されている。
 例えば、デジタルカメラで撮影した画像を、お絵描きソフトで加工したり、音声を加えたりして、学習のまとめや発表に大いに活用している。
 「まとめる」学習に関しても、次のことが言える。

  絵や作文だけでまとめるよりも、写真や音声を加えることで、もっと表現を高めることができた。 

  慣れもあるだろうが、我が校の子どもの場合は、パソコンを使った方が作業時間も短い。
  それだけ操作に慣れ、道具として使いこなせる段階にいるということである。
  パソコンの導入は、子どもたちを大きく変える。

 ホーム  トップ頁に戻る