連載第5回    情報化は、総合的な学習中心から 教科教育中心へ


.PCは教科で利用する道具

 2回にわたって、シンガポールの情報教育についてレポートした。

  その中で最も特徴的なことは、シンガポールには「情報」の時間がないということである。

 日本のように、総合的な学習で(のみ)コンピュータを使うという発想はまったくないのだ。こういう発想は、日本だけに特有の発想であるという。
 シンガポールのコンピュータ活用は、まさに教科利用であった。
 連載3回で紹介した、音楽室での利用を覚えておられるだろうか? また、ヤン校長考案の「ティーチャーズ・ハブ」を覚えておられるだろうか?
 このティーチャーズ・ハブというシステムは、まさに

  教師が、教科教育においていかに活用するか

という観点で作られたものである。
 (日本がこれから「学校教育の情報化」を進めていくには、絶対に必要不可欠なシステムがこれである。早急な整備が求められる。)
 そしてこの観点は、日本がこれから向おうとする方向と完全に一致している。

2.ターンニング・ポイントは今!

 2000年7月に「文部省学習情報課」から出された『「ミレニアムプロジェクト」により転機を迎えた「学校教育の情報化」』には、次のように書かれている。

「ミレニアムプロジェクト『教育の情報化』」は、「これまでも行われ てきた「各教科」の授業を、コンピュータやインターネットを『道具』 として活用することにより、すべての子どもたちにとって『分かりやすい』ものにする」という、国際的に見ても諸外国と共通する目的を目指すものであり、各教育委員会や学校においても、その趣旨や内容を正しく理解することが重要です。

 当然ながら、このミレニアムプロジェクトには、「コンピュータの使い方を学ぶ」とか「総合的な学習の時間にコンピュータ等を使う」などといった内容は含まれない。
 その理由は、「99年度までの計画によって可能になっていることであり、各学校がそれぞれ実施していくべきものだからです」ということである。
 ぶったまげー、だ。
 いまだに、「パソコンは数台しかない、インターネットにも未接続」という学校は少なくない。
 総合的な学習の時間だって、まだ移行期だからと、カレーライス作りが全国で花盛り、といった有様なのに…。
 「急にそんなこと言われてもなあ…」というのが大方の教師の正直な感想だろう。
 だが、やらなければならない。ほとんどの国が、自国の生き残り戦略としてITを導入しているのである。
 日本が先進国でいられるかどうかは、我々教師にかかっている。
 言うなれば、今後数年(多分、ここ5、6年)の我々教師の対応が日本の将来を左右する。

   歴史的ターニングポイントが今だ。

 はっきり言おう。今の日本の意識や改革スピードでは、シンガポールや韓国に勝てない。これから「勝ち」に向かうためには、よっぽどの覚悟が必要である。
 明治維新どころではない急激な変化に、我々教師はこれから直面することになろう。
 でもこれは逆に言うと、「おもしろい、やりがいのある時機に入る」ということでもある。こんな時に教師でいられる幸運に感謝しよう!!

3.5年後までにこうなる

 ミレニアムプロジェクトで、2005年度までに、次のことが実現する。

  ・すべての普通教室に各教室2台ずつ整備 +プロジェクター              
  ・その他の教室等(特別教室など)用に「各学校6台」ずつ整備 +プロジェクター 
  ・小学校の「コンピュータ教室」を、1人1台体制に充実             

 各教室2台のうち、1台は教師用となる。教師が30秒程度の動画コンテンツをふんだんに使って「分かる授業」をするために使う。
 要するに、教科の授業をわかりやすくするための道具として、コンピュータやインターネットが使われるのである。(OHPやカセット、VTRと同じ)
 もう1台は児童の代表用。先生にあてられた児童が、動画コンテンツを操作したりインターネット検索をしたりするのに使われる。
(ちなみに、動画コンテンツは文部省学習情報課が中心となって開発する)
 以上のほか、校内LANによって全教室からのインターネット接続が実現する。

  我々現場の教師は、5年後までのこの状況をイメージして、これからの自分の実践を組み立てなければならない。

 そうすると、「それまでに何を為すべきか」が重要な問題となってくる。
 教室にパソコンが入ってから、動画コンテンツが開発されてから、研修や実践を始めていたのでは、とうていそれを活かしきれない。
 何より、子供が機器を使いこなせるまでに育てられているかどうかが問題である。
 紙幅が尽きた。「何を為すべきか」は次号で。早く知りたい方は、
 高橋 勲編著 『子供&教師のコンピュータ授業 −使い勝手UPのガイドブック−』「総合的学習を創る」2000年12月臨刊(明治図書)をお求め下さい。

ホーム  トップ頁に戻る