連載第8回    缶ビールとおむつ


1.コンビニは情報社会の賜 −関澤氏の講演より−


 「浜松情報教育フォーラム2001」に参加した。
 静岡大の堀田龍也助教授をはじめ、多くの有名講師陣が集まって活気あふれる会となった。
 記念講演は、富士通会長の関澤氏。
 講演の中に、情報化社会を象徴するような、非常に興味深いエピソードがあったので、それを紹介したい。
  これからの「知識」とは、考えること。 頭脳で新しいことを創り出すことである。

 コンビニは30坪の土地に 3000点もの商品を並べている。だから、いかに売れる商品を置く かということが勝負である。
 そこで、コンピュータが大きくも のを言う。
 コンビニのレジには、次のような 端末が、客からは見えない位置に置 いてある。
 店員は、会計のとき、買い物をしたお客を見て、あてはまるボタンを 押すことになっている。
 そうすると、レジに入力した時間も、同時にコンピュータに記録されることになる。つまり、

  どんな人間が、いつ、何を、買ったかが記録される

わけである。

 これは、たいへんなことである。
 このデータによって、その店の傾向が把握できることはいうまでもない。全国の何百、何千という店舗のデータがすべて集まってくるのだ。
 今現在、何が売れ筋で、何がそうでないのか、分析できることになる。
 だから、小さな店舗でも商売が成り立つのである。コンビニは、コンピュータがあるから成り立つ商売だともいえる。

 こうやって分析していったら、面白いことを発見した。
  金曜日の夜  20から 30代の男性が、「おむつ」を買う傾向があることがわかった。                                      

 どうも、奥さんに頼まれて、土日の分のまとめ買いをする、「ヤング・パパ」が多いらしい。
 その若い男性の比較的多くが、

  同時に缶ビールを買っていく。

ことが分かったのだ。そこで、

  「おむつ」のとなりに、缶ビールを置いてみたら、売り上げが倍増 した。

というのである。
 缶ビールとおむつを結びつけるなどという、発想ができる人間がいるだろうか?
 どんなに優秀なマーケティング機関でも、コンピュータなしにはなしえない分析であろう。
 「コンビニは情報化社会の縮図である」というが、まさにこういう事実がそれを物語っている。

2.飛び出せ! コンビニ探検隊 −笹原実践から−

  コンビニは、社会科の学習としても、「総合的な学習の時間」の学習としても、たいへんにすぐれた教材になる。

 コンビニは、都市部を中心に、全国的に多くの店舗を持っている。
 先にあげたように、新製品の導入、売れ筋商品の把握、短いサイクルでの商品の入れ替えなど、徹底した情報管理のもとで営業を行っている。
 また、他の小売業とは違い、コピーサービス、振り込み、チケット販売など、個人のニーズに合わせたサービスを行っている。
 そればかりではなく、省エネ、リサイクルへの取り組み、低公害トラックの導入など、環境への配慮もおこなっているほか、バリアフリーの店舗を設けるなど、福祉への取り組みも行っている。

 笹原克彦氏(富山県富山市立蜷川小)は、「今日的な課題に対し、積極的な取り組みを行うコンビニのさまざまな工夫について調べる活動を通して、情報活用の実践力を高め、社会を見つめる目を養うことができる」として、 「飛び出せ! コンビニ探検隊」の実践を行っている。(学研『NEW教育とコンピュータ』2000年5月号)
 その結果、それまでは書籍資料を中心に問題解決しようとしていた子どもたちが、実に様々な方法で情報を収集するようになったという。
 また、それでも解決できなかった問題については、再び見学にでかけるなど、体験的な活動も生まれている。
 このように、「コンビニ」という「ネタ」は 、多くの追究内容を含んでいる。情報活用の実践力を高めるには、もってこいの題材であるといえよう。

ホーム  トップ頁に戻る