連載第10回  教育情報化コーディネーター


1.教育情報化コーディネーターとは

 教育情報化コーディネーターという言葉をご存じだろうか?
 略して、ITCE(Information Technology Coordinator for Education)。
 別名を情報化推進コーディネーター(Information Technology Coordinator あるいはMedia Coordinator)ともいう。
 次のような人材をさす。
  教育情報化コーディネーターは、学校にどのようなハードやソフトを整備していけばよいのか、どのように組織をつくり、情報化を進めていけばよいのか、といった問題について、学校や教育委員会に対して、バランスのよい立場から、適切にアドバイスできる人材である。
            
               『現代教育新聞』http://www.gks.co.jp/y_2001/s-data/etc/01081301.html より

 すでに外国では、教科の教員とは別に「情報化推進コーディネーター」という専門職を設け、各教科の教員の相談を受ける制度があり、それがうまく機能しているという。
 日本でもそれに準じた人材配備や組織作りが必要だということで提案されたのが、教育情報化コーディネーター制度である。
 ただし、日本では外国の場合とは違い、今のところ、各学校ではなく各教育委員会単位での配置を想定している。

2.教育情報化コーディネーター試験

 希望者に検定試験を行い、資格を与える制度が、今年6月にスタートしている。この検定試験は、
  コンピュータ・情報技術のレベルを測るものではない。あくまで 学校などの組織単位で教育の情報化を企画し、推進できるだけの基本的知識や経験を総合的に評価するものである。             
                『現代教育新聞』http://www.gks.co.jp/y_2001/s-data/etc/01081301.html より

という。次の3級に分けて行われる。

■ 3級・・・入門レベル。                                
   教育情報化コーディネーターの役割や仕事の範囲を理解し、教育の情報化の意義やその方法の基礎となる理論・制度が分かり、ネットワークの構築に関する基礎的な知識・技術を要求される。
   学校教育に関する基礎知識と、コンピュータ・情報技術の基礎知識の双方が求められることになる。                                         
■ 2級・・・専門家レベル。
   3年程度の学校の情報推進化計画を設計・提案できる程度の能力。

■ 1級・・・指導者レベル。
  国や都道府県レベルの長期的な計画を設計・助言できる程度の能力が必要とされる。<技術者向けの検定>

 実際の現場で活躍するITCEの標準資格としては、2級が想定されている。
 この資格はあくまで基準を示しているだけであって、「資格取得後の技術的向上は、基本的に自己研鑽すべき」ということであった。
 情報教育はIT界の激しい変化の影響が大きく、常に自身の知識の更新を図らねばならないというのがその理由である。
 ちなみに、3級の試験を受けた人の感想では、コンピュータに関する問題が多く、教育に関する内容は少ないと感じたそうである。

3.日本初の教育情報化コーディネーター
 実は、すでに教育情報化コーディネーターとして働いている人がいる。中川斉史氏がその人である。
 所属は、徳島県三好郡池田町立池田小学校教諭であるが、池田小学校ならびに、三好郡教育ネットワークセンターのICTコーディネータとして
勤務している。三好郡内約60校の小、中、高校を担当しているというから、凄いものである。
 仕事の内容は、次のようなものである。

 ・小学校におけるソフト、ハードの選定     ・LAN構築    ・PC環境整備    ・授業相談    ・テクニカル支援       

 中川氏は、教育現場で利用できるソフトを400種類ほど実際に試しており、どのようなソフトが児童に受け入れられるのか、どんな周辺機器がいるのかなど、たくさんの情報を持っている。

4.たくさんの教育情報化コーディネーターが必要になる
 ブロードバンド時代の到来で、もはや、パッケージでソフトを売る時代は終わった。
 今後は、教育委員会単位でソフトを購入し、各学校はライセンス料のみを支払うという形になる。
 そうなると、どのソフトを購入するか、どういうシステムを構築するかと言うことは重要な問題となる。
 これを判断する人材は、コンピュータ技術者ではだめで、情報教育の実践に精通した人材でなければならない。
 総合的な視野と、情報教育あるいは総合的な学習の実践に関する専門的な知識がなければ、とうていできる仕事ではない。
 (このことは、中川氏の仕事の内容を見れば、おわかりだろうと思う。)

 今後は、各地域に教育情報化コーディネーターが誕生することになろう。
 こういった人材がもっともっと増えなければ、日本の教育情報化も絵に描いた餅となり、その進化も遅々たるものとなるだろう。

 わたしも日本第2号の教育情報化コーディネーターを目指そうと思う。

ホーム  トップ頁に戻る