連載第12回(最終回)  インドIT事情&情報教育の今後


 1.アジアで英語が最も通じない国は?

  年末から年始、南インドを15日間旅した。ディパック一つの貧乏旅行。ローカルバスを使って移動し、安宿を泊まり歩く旅である。
  インドだからバス代はびっくりするほど安いが、どのバスが目的地に行くのか、さっぱりわからない。懸命に表示を見ても、文字が全く読めない。
  「結局、人に聞くのが一番」という結論に達した。
  どこに行っても下手な英語でしつこく聞きまくったおかげで、バスの乗り違えや道の間違いなどは、今回に限りなかった。
  ただ一度、リキシャー(車)の運ちゃんたちにだけは英語が全く通じず、バス停で野宿するハメになってしまったが(トホホ…)。

  でも、よーく考えてみると、どの人にも私の英語が通じたということは、インド人の英語力は大したものだということになる。
  (ケーララ州はインドで最も教育水準の高い州である)
  まあ、長いことイギリスの植民地だったせいで、事実上、英語が第2公用語という事情もあるが…。

  ところで、今やアジア旅行のほとんどが英語でOKだ。多分一番通じないのはニッポンじゃないかな? と思う。
  日本の英語教育を大変革しないと、アジアの中でも遅れた国になってしまうと、つくづく感じる昨今である。

 2.日本は蚊帳の外?

  今回もパソコンを持たない旅をした。
  例によってインターネットカフェを利用したわけだが、インドは東南アジアの国々とは少々事情が違った。
  ほとんどの店で日本語の読み書きができないのである。
  グローバルIMEのCD−ROMを持参しなかったことを悔いたが、後の祭りであった。
  おかげで、日本へのメールは、最後まで、日本語で入力することができなかった。
  初めはローマ字で、最後はそれも面倒になり、綴りのいい加減な英語で送るはめになってしまった。
   (まあ、これも、それなりに楽しい経験ではあったが…)
 
  インドはインフラの整備が未熟なため、通信速度が遅い。
  日本語を読むには2.7MBのファイルをダウンロードする必要があったのだが、これに、なんと30分以上かかってしまった。
  インドは、世界的に優秀なパソコン・ソフトの技術者が多く輩出される国である。
  (マイクロソフトのソフトもインド人によって作られているという噂である)
  だが、前述の通り、国内の事情はお寒い限りで、優秀な人材はほとんど海外に流失してしまうとのことであった。

  さて、インドが東南アジアの国々と違うと感じた大きな点のもう一つは、
  日本への関心が低いということである。
  東南アジアは、概して日本人には好意的であり、現在の日本の文化への関心が高いと感じる。アニメや音楽などたくさんのものが入っている。
  ところが、インドは日本人に好意的ではあるものの、そういった点はほとんどみられない。
  インドの関心はヨーロッパにしか向いていないように思えた。(日本語の読み書きのできるパソコンがなかったのも、その証拠?)
  日本とインドが連携すれば、来るべき新情報革命時代の主役になれると思うのだが…。

 3.情報教育今後の方向

  この連載も、今回が最終回である。
  日本の情報教育だけでなく、海外の情報教育のレポートや、通信事情などについてリアルタイムに書かせていただき、大変に勉強になった。
  結果的に、授業実践についての話題が少なくなってしまったことは申し訳なく思っている。
  最後に、情報教育の今後について、私の考えを述べさせていただきたいと思う。 
  堀田龍也氏(静岡大)は、次のように言う。

子どもたちに必要な知識や技能を身につけさせるために、教師が 「わかる授業」を展開する必要があります。そのためにメディアを 利用すること、これを「メディア利用による学習指導」と言います。 一方、子どもたち自身の学び方として、情報や情報手段を適切に 扱う力を身につけさせるために行う学習指導、これを「情報教育」と 呼びます。
                                   <堀田龍也・椿原正和編著『ここから始める情報教育』(明治図書)p3>

  「メディア利用による学習指導」と「情報教育」とは、今後、明確に区別されなければならない。
  注目してほしいのは、「パソコン」という言葉も「インターネット」という言葉も、ここには登場しないということである。
  敢えて「メディア」という言葉が使われている意味について、読者のみなさんに考えてほしい。

  TOSSランドの活動や実践は、「メディア利用による学習指導」が大くを占める。
  今後は、「情報教育」についての研究や実践も、TOSSの中から多く生み出されることを願ってやまない。

  ところで、ブロードバンドが広く世に普及すると、コンテンツは2極分化することになるだろう。
  現在のように、「無料のコンテンツが大部分」という時代は終わり、魅力的な「有料」のコンテンツが多く登場することになる。
  つまり、誰でも作れるコンテンツと、プロしか作れない高度なコンテンツの2つに分かれることが予測されるのである。

  教師が創ったアイディアを、技術屋がコンテンツ化していくシステムの構築が、今後は必要になる。(アウトソーシング)
  教育ノウハウをもった教師と、技術ノウハウをもった技術屋をどうつなぐかが、今後の課題だ。
  教師の中で専門的にかかわる人間が必要になってくることは言うまでもない。
  技術屋が教育ノウハウを身につけるのは至難の技だからである。
  この人材が、教育情報化コーディネーターの中から出てくるか、TOSSの中から出てくるかは、神のみぞ知るというところだろうか。 (完)

ホーム  トップ頁に戻る